カテゴリ:生活や行事の様子
コマ遊び

DSC03021.JPG

DSC03223.JPG

こどもたちが夢中になっているのが、コマです。
年中組は引きゴマ、年長組は投げゴマに取り組んでいます。
家庭ではなかなか遊ぶことが少なくなりましたね。
コマ遊びの中で、こどもたちが学んでいることを就学前教育スタンダードにあてはめてみると…
【健康な心と体】のびのびと体を動かす
→ひもを巻くのもコツがいります。指先の細かい動きだけでなく、手首のスナップ、投げるときも全身を使っています。
【自立心】自分でよく考える
→コマに取り組んでいるとき、こどもはよく考えています。どうして僕のは回らないのか、友達が回す様子をじっくり見たり、先生と一緒に回してコツをつかんだりします。
【協同性】友達と遊ぶことを楽しむ
【道徳性・規範式の芽生え】相手の気持ちを考える
→「やったね!できたね」「~ちゃん、ずっと頑張ってたもんね」と、一緒に取り組んでいる友達の気持ちに気づき、認めたり、一緒に喜んだりする姿をよく見かけます。自分のことのように、相手の気持ちを考え、気付き、思いやる優しさが育っています。
【思考力の芽生え】十分に試したり工夫したりする
→「継続は力なり」まさにコマはそこが大事です。失敗しても、もう一度挑戦したり、じっくり考えなおして違う方法で取り組んだり、繰り返し取り組む中で諦めない気持ちや、粘り強さをもてるようにしています。
【数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚】数や文字などに関心をもつ
→どれくらい回っているか数を数える、友達とコマ勝負の場を作るときに積み木を使い、立体図形にも触れています。
【言葉による伝え合い】楽しく話したりよく聴いたりする
コマは、簡単に回せるものではありません。少し難しいからこそ、できるようになったときの喜びは格別です。
日本に昔から伝わる伝承遊び、日本古来の伝統文化の良さを感じたり、諦めないでやりぬく気持ちなどは、オリンピック・パラリンピック教育にもつながります。

公開日:2021年01月25日 15:00:00
更新日:2021年01月25日 16:32:30