こどもたちの活動(R2年度)

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
「新体操を楽しもう!」~オリンピアンとの交流~

IMG_5447.JPG

IMG_5535.JPG

IMG_5570.JPG

IMG_5608.JPG

元フェアリージャパン 新体操日本代表のサイード横田仁奈さんが来てくださいました。
2012年ロンドンオリンピックに出場された横田先生からオリンピックの話を聞いたり、柔軟体操をしたり、新体操で使う手具(リボン、フープ、ロープなど)を見せてもらったり、実際に踊るところも見せてもらったりしました。
華麗に踊る姿に、こどもたちは「すごーい!!」と目が釘付けになっていました。
こどもたちの体験コーナーでは、一人一人リボンとフープを体験させてもらい、横田先生から、「こうやって回すといいよ」と教えてもらい、くるくるときれいに回せたこどもたちは、「できた~」とうれしそうにしていました。
就学前教育スタンダードの
【健康な心と体】「のびのびと体を動かす」
オリンピアンの演技を見て、”あんな風に踊ってみたい”と自ら心を弾ませ体を動かします。
【豊かな感性と表現】
「いろいろな表現を楽しむ」
新体操という表現方法を知り、なめらかな動きや美しさを感じ、こどもたちにとって忘れられない感動体験となったはずです。
幼稚園では、幼児が「表現したい」と思う原動力となる感動体験を数多く創出できるようにしています。

公開日:2020年11月13日 11:00:00
更新日:2020年11月13日 15:16:41

カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
リレー遊び

IMG_0345.JPG

年長組が今夢中になって遊んでいるリレー。
リレーを通して、こどもたちが学んでいることを就学前教育スタンダードの視点で考えます。
〇繰り返し走る、もっと速くなりたいと自ら取り組み、腕を大きく振る、足を速く動かし、全身を使って動いています。
→【健康な心と体】「のびのびと体を動かす」
〇勝負に負けたとき、どうして負けたのか、どうしたら勝てるのか理由を考え、改善し、またやってみようとしています。
→【自立心】「自分でよく考える」
〇チームの仲間にバトンをつなぐ、一緒に走って楽しさを共有する、勝ちたいという共通の目的のために仲間と力を合わせています。
→【協同性】友達と遊ぶことを楽しむ
〇最初は、自分が勝てればそれでいい、という姿でした。少しずつ、負けてしまった相手のチームの気持ちに気づき、頑張りをたたえる拍手を送るように…。また、同じチームの友達の気持ちを思いやる姿も見られています。
→【道徳性・規範意識の芽生え】「相手の気持ちを考える」
〇「ありがとう。~くんのおかげで勝った」とチームの仲間に声をかけている場面も…。互いに認め合い、友達に応援してもらう中で、チームの役にたったという実感を感じたり、自信をつけたりしています。
→【社会生活との関わり】「ありがとうと言われる嬉しさを感じる」
〇勝ったり負けたりする経験を通し、「バトンを落とさないように”ハイ”って声をかけて渡すのはどうかな」「手はグーにした方が速く走れるかも」と取り組んでいます。
→【思考力の芽生え】「十分に試したり、工夫したりする」
〇リレーではゼッケンを着て、走る順番に並び、「黄色チームの方が1人足りない。2回走る人が必要」と数を調整したり、「1、2、3…」と数字を数えて片づけたりするなど、数字の便利さを知り、数に関わる感覚が豊かになっています。
→【数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚】「数や文字などに関心をもつ」
〇チームの仲間と走順を話し合うとき「私は1番で走りたい」と伝えたり、負けてしまったチームが「ねえ、後で練習しようよ」「じゃあ、仲間に言ってくる」と呼び合ったりしています。
→【言葉による伝え合い】「楽しく話したり、聴いたりする」
リレー1つをとっても、こんなにたくさんの学びがあります。
当日の勝ち負けだけがすべてではありません。
幼稚園では、一つ一つの活動に取り組む過程で育つことを大切にしています。

公開日:2020年10月23日 12:00:00
更新日:2020年10月23日 16:42:21

カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
サッカー教室

DSC01164.JPG

DSC01166.JPG

DSC01199.JPG

DSC01213.JPG

IMG_3886.JPG

東京都サッカー協会の方、そして、東京ヴェルディのコーチが来てくださり、楽しくボールに触れながらサッカーをしました。最初は、スキップをしたり、スキップをしながら鬼ごっこをしたり、ボールを投げてキャッチしたり…ボールはまだ使いません。鬼ごっこをするとき、前や後ろ、周りをよく見ますよね。サッカーといっても蹴るだけでなく、上半身の動きがとても大切であり、サッカーは体全身を使う競技なんだと教えてもらいました。
そのあとは、一人一つのボールをもらい、ドリブルやシュートをしました。だんだん、ボールと仲良くなるこどもたち。
最初は緊張気味だったこどもたちの表情が、だんだんとイキイキし、ボールを追う表情は真剣になってきました。
最後は、チームに分かれ、試合をしました。
今日のサッカー教室で、コーチが繰り返し言っていた言葉。「あきらめない」
最初はできないのは当たり前。うまくいかなくても、次はがんばろうとあきらめない気持ちをもつことの大切さを教えてもらいました。
幼稚園では、いろいろなスポーツに触れる機会を通し、体を動かす心地よさを十分味わうとともに、来年に控えたオリンピック・パラリンピックを楽しみにできるようにしています。

公開日:2020年10月02日 14:00:00
更新日:2020年10月02日 17:28:16

カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
敬老の日~祖父母へのはがき作り~

IMG_5609.JPG

DSC00196.JPG

DSC00201.JPG

DSC00717.JPG

DSC00861.JPG

9月22日は敬老の日。
幼稚園では、毎年この時期、祖父母参観を行い、コマやけん玉、折り紙などの伝承遊びを一緒に楽しんだり、こどもたちのリズムを披露したりしています。しかし、今年は感染症のため、実施が難しく、祖父母の方へはがきを作って送ることにしました。
年中いちご組は染紙、年長すみれ組は園庭にある、もみじの葉っぱを使ってコラージュをし、すてきな作品を作りました。「おじいちゃん、おばあちゃんは何色が好きかな?」「ありがとうの気持ちをこめて丁寧に作ろう」すみれ組は、もみじの木からお気に入りの葉っぱを選ぶところから自分たちで行い、押し花にし、思いをこめて丁寧に作っていました。
そして、先週のもみじ探検隊の際、ポストに自分たちで投函しました。「ぼくたちの気持ち、届くといいな」「郵便屋さん、よろしくお願いします」
4連休を終え、久しぶりに登園したこどもたちからは「おばあちゃんから、はがき届いたよって電話があったよ」とうれしそうに報告してくれました。
祖父母の方への親しみをもち、感謝の気持ちをもつだけでなく、離れていても、つながりを感じられる機会となりました。
そして後日…年長さんは郵便やさんごっこを楽しんでいました。「お届けです」本物さながらに、切手を貼り、スタンプを押し、配達する…こどもたちが興味をもち、経験したことを遊びの中でも再現して遊べるように担任の先生が用意したものです。手紙という日本古来の伝統文化もこどもたちに大切に継承していきたいと思います。

公開日:2020年09月24日 10:00:00
更新日:2020年10月02日 17:25:55

カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
オリンピック・パラリンピック教育~運動遊びの指導~

IMG_3371.JPG

DSCF8225.JPG

総合体育研究所の山田秀一先生をお招きし、運動遊びの指導をしていただきました。
おしりをつけてくるくる回る「人間ゴマ」、お腹だけ床につけて「アンパンマーン」など、楽しいネーミングと先生の話術で、こどもたちもすぐに笑顔に…
大縄を使ってのソーシャルつなひきや、つな押しなど、走る、跳ぶ、引く、押すなどいろいろな動きを経験しました。
また「椅子体操」では、「スーパーマン」や「ロケット発射」「フラミンゴ」など、椅子を使いながら、楽しく体幹を鍛えていきます。
また、忍者ゲームでは、忍者になりきって、先生の刀チョップの攻撃を止めて、大盛り上がり!
小学校以降の学びにつながる「幼児期に必ず体験する内容」を示した「就学前教育スタンダード」の、「のびのびと体を動かす」とは、幼児が心も体も解放し、元気に体を動かして遊ぶ体験です。まさに、今日の活動そのもの!
十分な運動量の確保、多様な動きの経験、健康な体づくりがポイントです。

公開日:2020年07月28日 15:00:00
更新日:2020年07月28日 16:13:14

カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
七夕~伝統行事に触れて~

IMG_3498.JPG

DSC01345.JPG

今日は、7月7日七夕。1年に1回、織姫様と彦星様が会える日です。
七夕の続編。こどもたちが作った七夕飾りを、親子で笹に飾りつけしました。
「きれいだね」「丁寧にできたね」
自分が作った作品をお家の人にほめられ、とてもうれしそうでした。
幼稚園では、季節行事や伝統行事を大切にしています。壁面や自然環境、作品作りなどを通して、四季折々の季節を感じたり、伝統行事の素晴らしさを体験できるようにしています。

公開日:2020年07月07日 12:00:00
更新日:2020年07月07日 13:37:36

カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
七夕飾り作り~伝統行事に触れて~

DSC01207.JPG

DSC01242.JPG

こどもたちは、七夕の由来、一つ一つの飾りの意味を先生に教えてもらいながら、七夕飾りを作っています。
のりのつけかた、はさみの使い方など、先生の話をよく聞いて、正しい扱い方を身に付けていきます。
また、マーブリングや染紙、じゃばら折りなど、新しい技法を知り、新しい表現方法に触れるこどもたち。
いろいろな素材、いろいろな色や模様の美しさなどに触れ、自分なりに作ることを楽しめるようにしています。

公開日:2020年06月29日 10:00:00
更新日:2020年07月07日 13:37:46

カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
琴と尺八の演奏会

DSCN0781.JPG

DSCN0787.JPG

本園の特色教育、琴と尺八の演奏会がありました。
琴や尺八の美しい音色を聴き、こどもたちもうっとり。
「となりのトトロ」「パプリカ」など、こどもたちの大好きな曲も演奏してくださり、こどもたちも一緒に歌って楽しみました。年長児は一人ひとり琴のつめをつけて、琴の演奏体験もしました。
日本古来の伝統文化や、日本の美しい文化を伝えていきたいと思います。

公開日:2020年01月24日 07:00:00
更新日:2020年02月03日 08:47:23

カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
日本の伝統行事:もちつき

IMG_5445.JPG

IMG_5533.JPG

もちつき前日には、年長すみれ組がもち米をとぐ体験をしました。といだお米を当日、もちつきの手伝いのサポーターの方と一緒にもちつきをしました。蒸したばかりのもち米のにおいをかぎ、もち米のつぶつぶがだんだんなくなり、お餅になっていく過程を見るこどもたち。
今はなかなか見る機会が減ってしまった臼と杵、こどもたちは杵の重さに悪戦苦闘しながら、「よいしょー」ともちつきを楽しんでいました。そのあと、鏡餅作りを楽しみました。
由来を知ったり、体験したりしながら、伝統行事を楽しんでいました。

公開日:2019年12月13日 11:00:00
更新日:2020年01月07日 15:27:07

カテゴリ:オリンピック・パラリンピック教育
オリンピック・パラリンピックコーナー

DSCF1050.JPG

DSCF1063.JPG

幼稚園の玄関には、オリンピック・パラリンピックコーナーができ、こどもたちが大好きなミライトワとソメイティが飾られています。運動会の聖火リレーで使ったトーチも飾られ、雰囲気を盛り上げています。こどもたちは、ピクトグラムを見ながら「これ、し知ってる」「空手、やったことある」など、友達と会話を楽しんでいます。

公開日:2019年10月17日 14:00:00
更新日:2019年10月18日 13:26:21